レクチャー

2011年3月19日

福島原子力発電所の事故しんぱいです。
現在も放水作業が進められ、難しく厳しい状況の中、事態の安定化に尽力していらっしゃる関係者の方々に深く感謝します。


CINICのレクチャーに、専門家のみる今回の事故の解説がありました。


田中三彦氏(サイエンスライター/ 日立 元原子力技術者)
後藤政志氏(東芝 元原子力技術者)
による福島原発事故の解説
同時通訳つき(3/18)






崎山比早子さん(元放射線医学総合研究所 主任研究官、医学博士)
による放射線、放射性物質の基礎的知識のレクチャー、アドヴァイス。(3/19)






田中さん、後藤さんは、この事故がまだ危険度が高く十分な情報がないことは承知しているとした上で、

・報告と、(例えば「健全性を保っている」という報告などの場合)その文面に見合ったデータが見当たらない
・不明な点があるならにそこが不明であることを言わないと、専門家だけでなく一般にとっても現状認識の助けにならない

等の言及がありました。


崎山さんは、

・現在再三報道に登場する、放射線測定値とその危険度の説明の際に、レントゲンやCTなどの医療被爆との比較がされていることへの疑問
・会見で3号機付近放射線の測定値の推移は発表されているが、合わせて半径30km圏内の測定値が発表されない

など、現在、国から国民の健康に対する充分な情報発信が迅速になされていないことを不安視されていました。


まずはこの未曾有の事態の安定化を図ることが最優先ですが、
原発事故に際し、現場から、国から、どういった情報が迅速に提供されるべきか、ということは今もこれからもずっと考えられていいことです。


d0058202_4372041.jpg

[PR]
by arttrace | 2011-03-20 04:31 | ART TRACE


<< 後藤さんのお話 介入 >>