無題

レジデンス1年と4ヶ月目

今日から1週間ロンドンとベルリンに行きます。ベルリンでは賛否両論だというベルリンビエンナーレを見てこようかと思います。でもビエンナーレ(トリエンナーレ)っていつだって賛否両論ですのね。

d0058202_2243732.jpg

[PR]
# by arttrace | 2006-05-13 22:45 | ART TRACE

Trying to find the Spiral Jetty

レジデンス1年3ヶ月と29日目

今日はアムスの東側、Sporenburgという埋め立て地帯にあるConsortiumというエキシビジョンスペースでやっているSpoolというショーで面白い作品をみました。Spoolは4回ぐらい続くショーで第1弾はブリティッシュ・アーティスト編。

http://www.consortium-amsterdam.nl/

ショーは、サウンドアートと呼ばれる種類のものの中でも、音によって視覚的イメージ、それも限定された、を生成させる作品によって構成されています。なかでも面白かったのは「Trying to find the Spiral Jetty」と題された作品。Tacita Deanという作家で、この人は98年にターナー賞にもノミネートされているもよう。

 古めの机と椅子が1セット置いてあるだけのインスタレーション、机上には古めのCDプレイヤーとヘッドフォンが置いてあり、聞いてみるとロバート・スミッソンのSpiral Jettyというランドアート作品を見つけようと車で道中している男女の会話や物音が27分間録音されています。

 何で面白かったかっていうと、他のアーティストは写真やDVDなどで限定されない風景を使いつつ、音でイメージを分解、または再構成するような作品だったんですが、この作品は「Spiral Jetty」と」いう名前だけでイメージを共有する、それとそれをまだ見ぬ男女の会話と物音、そのシンプルで具体的な欠落と、それによって生成する確かな音のディテールがユーモラスでもシャープでもあり、好きな感じでした。
[PR]
# by arttrace | 2006-05-13 00:49 | ART TRACE

シソ似の劇物

レジデンス1年3ヶ月と28日目

今のアムスはすっかり初夏です、初夏。ビーチで泳ぎたいかんじの毎日です。皆今までの分を取り戻すかのように、日がないち日外で日を浴び、寝そべったり食事したりビール飲んだり散歩したりしています。
私もスタジオにこもっていられず、ちょろちょろ外に出ては散歩しているんですが、こないだ散歩の途中で川でシソに似た植物を見つけ、「シソの仲間かな〜、食べられるかな〜?」と思い匂いを嗅ごうと顔を近づけたら、突然鼻の頭に激痛が走り、半泣きになりながらもよく見ると葉の表面に細かい刺があって、その刺が刺さったというよりはその刺の先に毒があるんじゃないかというような種類の、ヒリヒリした痛みが15分ほど続きました。15分で消えてよかったけど、明日の朝は赤く腫れ上がっているんじゃあ?と思ったほどの痛さでした。無知でいると怖い植物もある。

d0058202_21262644.jpgd0058202_21264819.jpg


この子には注意
[PR]
# by arttrace | 2006-05-11 04:22 | ART TRACE

水族館02

レジデンス1年3ヶ月と27日目

アムスの動物園の中には剥製の展示室もあります。ここは展示の仕方がちょっと妙で、ジオラマ風だったり、なぜか背後にオランダの町並み(デルフト焼き)が施されていたり、ユニコーンの剥製(勝手に角がくっつけてある)があったりとオランダ風味のユルい展示室です。私は苦笑いですがわりと好きです。

d0058202_3522729.jpg

d0058202_3512356.jpgd0058202_3514363.jpgd0058202_352774.jpgジオラマが昼から夜になったところ。
[PR]
# by arttrace | 2006-05-11 03:54 | ART TRACE

水族館01

レジデンス1年3ヶ月と25日目

ようやく春が来ました。今年のオランダは例年に比べ、6週間ほど季節の進みが遅いんだそうです。あー寒かった。私の家の前は動物園で、夜にはいろんな動物の鳴き声が聞こえます。ベランダに出ると、母アシカが子アシカにボディーアタックをして暴れているのがみえます。敷地内には水族館やプラネタリウムもあり、この週末には中に入ってブラブラしてきました。その時の写真などを少し。

d0058202_0292649.jpg
d0058202_0294862.jpg


見えます?水槽の前面にクチビルを張付けたまま動かない魚。この子の存在によって、後ろの魚たちが(水族館的に)ちゃんと仕事してる、ってかんじに見えてきたのが面白かったです。
[PR]
# by arttrace | 2006-05-09 00:41 | ART TRACE

OA20

レジデンス1年3ヶ月と12日目

今日のアムスは暖かいよ〜。今度こそ春でしょ。もう〜来たでしょ。4月も終わるってーの!アムス寒すぎ。
今日はペインターのJasper、オランダ人です。可愛い2人の娘のいる大男。


20, Jasper Hagenaar

d0058202_351397.jpg



d0058202_3515425.jpg



















上、150x150cmくらいのキャンヴァスに油彩。
下、20x35cmくらいのキャンヴァスに油彩。
[PR]
# by arttrace | 2006-04-26 03:58 | ART TRACE

OA19

レジデンス1年3ヶ月と10日目

OA紹介19回目。きょうは先日までイスラエルに里帰りしていたGal Kinanちゃんです。喫煙友達です。

No.19, Gal Kinan

Galは自らのパフォーマンスを含んだインスタレーション空間をつくります。今回はインスタレーションとパフォーマンスの部屋をわけていました(パフォーマンスの方の写真ありません、ごめんよ)。インスタレーションは、れんが造りの暗いスタジオの中、間違ったアルファベットの映されるモニターの前で、ロボットがギーギーと音を出して完全でない動き(かなり完全でない)をしています。
ファンタジーをみせる上で、どうしても完全でない部分が出てしまうことにこだわっているGal。


d0058202_315564.jpgd0058202_3161846.jpg
[PR]
# by arttrace | 2006-04-24 03:19 | ART TRACE

OA18

レジデンス1年3ヶ月と8日目

きょうはOA紹介します。18人目はオランダ人ペインター、Marijn van Kreij です。Marijnは紙のような質の大きなキャンヴァス(ストレッチャーなし)に、インクなど発色がよく透過性の高い絵の具を、細い筆を使って線で画面を埋めていきます。インターネットから画像をひっぱってくるのが好きです。インターネットみたいな感じの空間をイメージしているらしく、「絵の中に入る」ということをしきりに模索しているもようです。最近の仕事ではエポキシでつるっとさせた表面にテキストを使って制作するようになってきました。

No,18 Marijn van Kreij
d0058202_2554999.jpgd0058202_2561298.jpg










d0058202_257149.jpgd0058202_2573098.jpg









部分。











反対側の壁面。黒のプラスティックシートに黒の線でドローイングしています。










部分
[PR]
# by arttrace | 2006-04-22 03:01 | ART TRACE

ガル帰る

レジデンス1年3ヶ月と7日目

やっとガルが帰ってきた。いやー、ルーラの散歩もこれでもうおしまいね。犬(と暮らせる)派とか猫(と暮らせる)派っていうのはその好き嫌いだけじゃなくて、その人が朝型か夜型かとか、時間に縛られるのが平気かどうかとかいう性質でも分かれる気がする。あとはアレルギーか。ルーラは大変可愛かったし散歩も楽しかったけど、「暮らすなら猫!」と思ったわ。
ガルんちで暮らしてよかったのはTVがあったこと。チャンピオンズリーグみてました。
d0058202_422540.jpg
                          ベンゲル(デビッド・ボウイ似)
[PR]
# by arttrace | 2006-04-21 04:05 | ART TRACE

はさみ

レジデンス1年3ヶ月と6日目

d0058202_01039100.jpg
d0058202_0105934.jpg

[PR]
# by arttrace | 2006-04-20 00:11 | ART TRACE

レジデンス1年と3ヶ月目

いま、Gal(2年目、イスラエル人)がイスラエルに2週間ほど里帰りしています。その間私はアムスに残された彼女の犬のLura(シュナウザーとアフガンハウンドのmix、後ろ姿がゴリラ似)を世話しています。朝1時間、夕方30分、就寝前に30分、と1日3回犬の散歩をします。
生涯猫派であろう私が早起きして犬の散歩するのはつらいんですが、Luraに引っ張られながら寝ぼけた頭でふと注目するのは、Luraの地面のマッピングの仕方についてです。何か私には見えなくてLuraには見える網の目をたどって歩を進めているあのかんじ。匂いによってマッピングをしているんでしょうが、その、私には公園の芝生だったり、コンクリートの道だったり、木の茂みの葉っぱだったりする違いが、Luraにはそんなことではない情報に沿ってルーラなりに歩いている。その情報がルーラ的に可視化されているところも想像するわけです。同じ犬の匂いは同じ色に見えていたりとか、強い匂いのところは強い色だったりとか。
そんな風にLuraにはみえて私には見えない、でも地面に近いところに確実にあるだろうレイヤーを想像したりします。
d0058202_2324423.jpg


私が想像したのはこんな感じ。
[PR]
# by arttrace | 2006-04-13 23:15 | ART TRACE

Brokeback mountain再び

レジデンス1年2ヶ月と21日目

日曜日が私のソロショーのオープニング、月曜がインターナルOA(内輪向けのオープンスタジオ、11月末の本番の前に2回あって、各自の仕事の進め方をみせる)と2つの展示準備の同時進行がおわりました。

www.grusenmeyerart.be

自分で言うのもなんだけど、両方ともいい展示だなあ〜とおもい、昨夜はほっと一息つき、日記を読んだ友人が送ってくれたBrokeback mountainのDVDをみました。

さいごにアニスが家具のほとんどない部屋で、クローゼットの扉を開けると、アニスとジャックの同じところに血の染みが付いたシャツがハンガーに重ねて掛けられている。扉の内側の鏡越しにアニスの顔が映る。シャツを手に取って抱きしめ、クロ−ゼットの扉を閉めると窓があらわれそこにはかつて2人で過ごした山の姿が見える。その一連の所作と関係が、何だかとても絵画的、それは幾重にも連なる、関係のモデル、によってみせているこのシーンのレイヤー、の重ならなさ、バラバラさに肝があるのね、とおもいました。
[PR]
# by arttrace | 2006-04-04 23:08 | ART TRACE

遭遇

レジデンス1年2ヶ月と13日目

ヨーロッパはきょうからサマータイムです。時計が1時間進みます。早いもので、ついこないだ時計を遅らせたばかりな気がする。
ところでとうとう遭遇しました、冬だけアムスに現れるというTバックスケートおじさん。見たい見たいと思いながらあえずじまいかと思われたけど、今日動物園の横で私の横をスケーティングし
d0058202_8281294.jpg
ていってくれました。実際見たかんじでは、背が高くてさっそうと滑ってて、衣装もたしかにTだったけど、スポーツ界ではアリなのね?と思わせる自然さのTで、とくに変人な感じはしなかったわ。むしろかっこよかった。
おじさんとサマータイムとは何の関係もないけど、何か冬ギリギリセーフでみたって感じがうれしかった。
[PR]
# by arttrace | 2006-03-27 08:28 | ART TRACE

GENT

レジデンス2ヶ月と12日目

今日は来週からあるソロショーの準備ためにベルギーはGENTというところに行ってきました。ギャラリ-はGENTから10kmほど離れた郊外にありますが、美術館みたいなきれいな空間でビックリしました。
帰りの電車ではくたくたで眠りそうになっていたんですが、隣に座った黒人の女の人がすご~く小さな声でハミングをしていて、それが周りのすごい喧騒をすり抜けて耳にはっきりと聞こえてきてなんか不思議でした。さびしいような、眠っていいよといわれているような、不思議な単調なメロディーでした。
d0058202_792415.jpg

[PR]
# by arttrace | 2006-03-26 07:12 | ART TRACE

OA17

OA17

そういえば隙をみてOA紹介もしていきます。今日は昨年ルームメイトだった超ロマンチスト、アメリカ人のRyan。彼は今でも時々現れては面白いエピソードを必ず残していってくれます。彼の過剰ともいえる美意識がつくりだすスカルプチャーやインスタレーションは、すごいと同時に、何か面白いと思ってしまうかんじがあります。
OA17, Ryan Parteka
d0058202_7235229.jpg

全部塩でできてる椅子。足のところは月なんだそうです。どこでもない場所をつくりたいライアンにとって月は大切なモチーフです。
d0058202_7291391.jpg
ムーンチェアを横から見たところ。まわりの柵は時計の針だったんだそうです。Ansya Blom(アドヴァイザー)は部屋に入った途端、「これは電気椅子だ」と言ったそうです(ライアン談)。
d0058202_7374573.jpg
壁には砂時計みたいな形をした針?がついてる時計が、時計まわりには動かず逆に動いたり止まったりしている。
[PR]
# by arttrace | 2006-03-24 07:41 | ART TRACE

ローマ旅行

レジデンス1年2ヶ月と10日目

ただいま。ローマ旅行から帰ってきました。
この旅行はレジデントアーティストの中から5名、アムステル大のローマ史の教授のガイド(ときには西洋美術史家の、または各作家の研究家の、ときには考古学者のガイドで)でみっちり2週間、ローマを内から外からみてまわるという、ライクスプレゼンツ・過密スケジュールの旅行でした。

朝早くから夜遅くまでいろいろと見て聞いて話した2週間、何ともハードでしたがローマは自分で選んでは行きそうもないし、ガイド付きで行けてよかったです。でなければローマほどのたくさんのレイヤーと、その構造である政治と、そこにできる影を濃く染み込ませた都市を2週間、私ひとりで歩いてもどうにもならなかったと思います。7年前、初めてきた時は通りすがりでしたが「ローマは長い間、あるレベルでの中心だったのだ」と思いました。

おりしもイタリアでは4月初旬が選挙だそうで、町中にたくさんの選挙ポスターが貼られ、その横では桜とミモザが同時に咲き、その中を観光客やローマっ子の間を縫って、時にはベルニーニやカラヴァッジオ等のマスターピースひしめく美術館や教会へ、ときにはミケランジェロのつくった広場へ、ときにはムッソリーニの作った広場へと足を運んでいくという濃〜いお腹いっぱいの2週間でした。こんなにちゃんとした西洋料理を食べ続けては暮らせないわ。だからって和食が食べたいわけでもなくて、もっといい加減なものが食べたい。

私はミスで写真をほとんどなくしてしまったのですが少しはアップできると思います。詳細はぼちぼちで。
[PR]
# by arttrace | 2006-03-24 02:52 | ART TRACE

カラヴァッジオ&レンブラント展

レジデンス1年1ヶ月と23日目

先週からアムスのヴァン・ゴッホ美術館でカラヴァッジオ&レンブラント展をやっています。両者の作品が交互に並べてあって、20点ぐらいずつ見ることができます。町の話題をさらっているこの展覧会、私は今日行ってきました。
「両者ともイコニックなモティーフを強い陰影で描き劇場的な効果を出すことから、レンブラントは「北のカラヴァッジオ」、カラヴァッジオは「南のレンブラント」と呼ばれている(本当?会場にあった解説より)」ことによる今回のコラボ展示だそうです。

  両者の作品の併置は賛否両論ですが、絵画としてまずグラフィックな強さのあるカラヴァッジオと、モチーフがもつ何か不確かなもの(老いとか空間そのものとか、時間そのものみたいなもの)へと絵の具を置こうとしているように見えるレンブラントの絵の併置は、「画家は何に対して絵の具を置いているのか」ということを考えさせられるよい機会でした。

  面白かった併置をいくつか。この併置では、レンブラントとカラヴァッジオの特徴が、それぞれの手法を保ったままそっくり入れ替わったような感があり興味深いです。

d0058202_7114334.jpg
d0058202_141483.jpg












あと私が好きな併置はこれ。






d0058202_7122040.jpg
d0058202_1424232.jpg
[PR]
# by arttrace | 2006-03-07 04:12 | ART TRACE

Iwan van't spijker

レジデンス1年1ヶ月と22日目

今週末は友達のオープニングが集中してありました。昨日は Iwanのソロショーのオープニング、場所はAschenbach & Hofland galleries (Amsterdam)。まったく飲み過ぎで頭が痛いです。

Iwanの絵は、いつ見ても、会えて良かったと思わせてくれる、私のような者にとって大事なペインターです。
http://www.artpointer.com/xs2art/


三次会で行ったアムスのゲイバーで「ここにいる人全員Brokeback mountain見たのかなー」とか思っていました(まだ引きずってる、悔しくて・・)。ゲイバーで飛び交う視線って普通のクラブでみるの男女間の視線の動きと全く違う。開けっぴろげでなんか楽しいとこだなーとおもいました。モーリちゃんは帰りに危ない目に遭ってました。
[PR]
# by arttrace | 2006-03-06 02:26 | ART TRACE

Brokeback mountain未遂

レジデンス1年1ヶ月と20日目

先日モーリちゃん(元ギャラリスト)とひさしぶりに会って遊びました。彼は元気でした。ギャラリストをやめてから酒を飲む量が減り、健全な生活をするようになって7キロ痩せたと喜んでました。新しい仕事は忙しそう。
そのときモーリちゃんに強〜く薦められて「Brokeback mountain」という映画をみました。時は60年代アメリカ、ワイオミングの大自然を舞台に物語が始まる、カウボーイのゲイカップルの話、だそうで、アメリカ版「弥次喜多(しりあがり寿さんのマンガ)」だろうかと思い、面白そうだと思ってでかけました。

し、か〜、し、映画が始まり、手強いワイオミング訛りの英語にあい台詞はほとんど聞き取れず(字幕はオランダ語)、映像だけみていたところ弥次喜多というよりはロミオとジュリエットみたいな伝統的な立場と感情のもつれなかんじ、切ないラブストーーリーということだけ見てとれました。

映像だけでも切なかったなあと思ってたけど、あとでモーリちゃんに詳細を聞いてみたら、大事なディテールを結構逃していて「そ、そうだったのか」と思うことしきり。つまり私は、ここに書く必要もないくらい宙ぶらりんなBrokeback mountain体験だったわけですけど、日本ではもうすぐ封切りだそうでぜひ見てみてください。(TVでやったらぜひとっといて。あと「白夜行」っていうTVドラマが見たい。)
[PR]
# by arttrace | 2006-03-03 00:32 | ART TRACE

プロジェクトルームおわり

レジデンス1年1ヶ月と7日目

今日でプロジェクトルームの使用期間が終わりました。これから片付けです。小柄な女性にはこれがきついわ。日本ではそれほどスモールでもそれほどガールでもないけど、こっちではわたしは「スモールガール」という位置づけになる。

d0058202_4383031.jpg
ドローイング。ボトム
[PR]
# by arttrace | 2006-02-21 04:42 | ART TRACE

オランダ旅行

レジデンス1年1ヶ月と6日目

帰ってきました、オランダ旅行から。今年はオランダ国内のみならず、ドイツはエッセンまで足を伸ばし、19世紀にエッセンがヨーロッパNo.1工業地帯として栄えていた頃の工場を見ました。ライクスではこんな感じの遠足や旅行が年に4、5回あり、参加は自由です。費用も安く、普段出不精な私には、いろいろ見られるいい機会です。

旅程をかいておきますのでオランダ、ドイツなどへ旅行に行かれる方は参考にしてみて下さい。

1日目
De Hallen (Haarlem, the Netherlands)
現代美術館です。あまり大きくはなくJörg Immendorff, Jonathan Meese, Julika Rudelius のショーをやっていました。

Panorama Mesdag (The Hague, the Netherlands)
遠近法の研究に生涯をかけた19世紀のオランダ人画家、Hendrik Willem Mesdagの作品を集めた美術館。2階にある当館目玉の360度パノラマ風景画はかな〜りたのしめます(注1)。
www.panorama-mesdag.nl

Museum De Pont (Tilburg, the Netherlands)
オランダの中でもかなり良質の現代美術館です。はじめはコレクション制ではなくキュレーション制のみで運営していた美術館です。現在はコレクションももっています。私が行ったときはペインティングのコレクションをたくさん見せていて楽しかったです。若手のショーもよく行っています。
www.depont.nl

2日目
Zollverein (Essen, German) UNESCO monument of 20th century architecture
ドイツのエッセンにある、19世紀の大きな石炭工場。1958年に工場は閉鎖、いまではユネスコ世界遺産となっています。広大な敷地の中にはEmilia and Ilya Kabakovのプロジェクトスペースやデザインミュージアムがありました。面白かった。
www.zollverein.de
d0058202_431228.jpg

Kurhaus Kleve(Kleve,German)
ドイツの現代美術館、あまり大きくはないですがコレクションがいいそうです。
私が行ったときはLothar Baumgartenのソロショーでした。
http://www.museumkurhaus.de/

3日目
Giethoorn
オランダにある、「北のヴェニス」と呼ばれる小さい村です。昔の農家の建物がたくさん残っています。その建物をそのまま改装してオランダの農家の暮らしぶりを展示する博物館があります。「ファンファーレ」(1958)という映画の舞台になったんだそうです。
d0058202_4493328.jpg
d0058202_4495080.jpg



Museum De Paviljoens(Almere, the Netherlands)
アムスから電車で20分ところのほどにある、それほど大きくない現代美術館、オランダの若手ペインターに焦点を当てた大規模なグループショーをやっていて面白かったです。
http://www.depaviljoens.nl/

The Land art projects(the Netherlands)
オランダにあるランドアートプロジェクトをいろいろみました。
Richard Serra, Daniel Liebeskind, Robert Morrisなど。

注1:遠近法は、消失点に向かって立体の形を歪ませることで平面上に立体を表現したり、一定の方向の光による立体の陰影で平面上に立体をかくトリックなので、遠近法による360度の風景画っていうのは技法的にはどえらいこと。
[PR]
# by arttrace | 2006-02-20 01:03 | ART TRACE

バレンタインデー

レジデンス1年と1ヶ月と1日目

今日はバレンタインデー。日々の雑事に追われすっかりご無沙汰している行事ですが、今日郵便受けを開けるとバラが1輪はいっていました。お、今年もきたか〜とおもいました。
昨年もバレンタインデーには郵便受けにバラが1輪入っており、それは全員に入っており、しばしの間みんなが「あのバラ誰からだろ〜」とさぐりを入れていたのをおもいだしました。結局、Janwillem(ライクスのディレクター)のしわざ、ということになりましたが(さぐりがアーティスト、スタッフの誰にもヒットしなかった)。Janwillemはおじいさんです。何かサンタクロースみたいよね。

明日からは2泊3日でライクスのオランダ旅行です。
d0058202_351486.jpg


写真は昨年のオランダ旅行、極寒!死のボート
[PR]
# by arttrace | 2006-02-15 02:59 | ART TRACE

トリノ五輪

レジデンス1年と1ヶ月目

昨日は先日紹介した小泉明朗君夫妻の住むアパートに夕食に呼ばれました。メニューは餃子。粉にハマっているという夫妻は、改良を重ねた皮から作るという気合いのはいった餃子でもてなしてくれました。皮薄めのものは焼き、厚めのものは水餃子へ。お、おいしかったわ〜。
小泉宅にはTVがあった(うちにはない)ので、トリノ五輪を見させてもらいました。ちょうどその時は男子スピードスケートの1500Mセミファイナルをやっていて、日本の選手にもちろん注目してましたが、韓国の若い選手たちの滑りが印象に残りました。作戦がはまってたせいかもだけど、見てると気持ちよくてつい目が追ってしまうかんじ。
d0058202_452031.jpg


ドローイング帳より
[PR]
# by arttrace | 2006-02-14 03:09 | ART TRACE

初猫

レジデンス1年と27日目

プロジェクトルームでの独りショーを終え、その片付けをしようという時にちょっとやりたいことがでてきたので、使用期間を延長してもらってまだプロジェクトルームでいろいろごそごそやっています。
こういうことできるのってほんと贅沢ね。

今日はその廊下から見える中庭にトラ猫が遊びにきてました。初見で家猫とわかる、キレイで上品そうな超〜〜〜かわいい猫。ライクス内で猫と遭遇するのは初めてで興奮しました、鶏ならたくさんいるけど(ふえ続けてる)。ちょっと庭にでて近づこうとしたら逃げの構えだったから近づくのはやめましたが、そのうち慣れて触らせてくれるといいんだけどなー。
d0058202_1213998.jpg

[PR]
# by arttrace | 2006-02-11 00:58 | ART TRACE

OA16

レジデンス1年と26日目

本日は同期の桜、もうひとりの日本人レジデントアーティスト小泉明朗君の作品を紹介します。彼はビデオアーティストですがペインティングにも興味を持つ、明るく変な好青年です。そして大の中日ファン。魚大好きでしめ鯖を自らしめたり、長年富士山8合目の山小屋でのバイト歴を持つなど引き出し多数、貴重な人材です。小学生の頃はPSよりセガを選んだタイプ(注1)ではないでしょうか。
今日はアムスのギャラリーで彼のオープニングがありました。きょう紹介するビデオ作品「Art of awaking」を出品していました。どこかで見た感じのしない、変で、とっても面白いビデオを作ってくれます。It's the 明朗ワールドです。

16,Meiro Koizumi

d0058202_55638.jpg
d0058202_5564173.jpg
d0058202_557829.jpg

Art of awaking, ビデオスチール

注1:PS(プレイステーション)よりもセガ(SEGA)のゲームを好む、もしくは選んでしまうこと。クセは強いが将来オタクになることはない。
[PR]
# by arttrace | 2006-02-10 06:10 | ART TRACE

OA15

レジデンス1年と21日目

きょうはメキシコ人ペインターのArmand Marinoです。
私は細部を見ると楽しかったので細部の写真も載せときます。

15, Armand Marino
d0058202_2224057.jpg
d0058202_223516.jpg
d0058202_2232556.jpg
d0058202_2234436.jpg


上、 全体
中上、部分
中下、部分
下、 部分
[PR]
# by arttrace | 2006-02-05 02:06 | ART TRACE

ひとりショー

レジデンス1年と14日目

ライクスにはプロジェクトルームという、美術館の展示室ぐらいの広さのある部屋が3つあり、広い空間が必要なプロジェクトなどのために借りることができます。あまり頻繁に借りることはできない特別な部屋で、いってみれば「ハレ」の部屋、皆1年のうちでも「ここは」という時に上手に使いたい部屋なので、今のような時期はどれもがら空きです。
なので、私はいまその部屋を借りて、昨年描いた絵を一挙に並べて眺めています。特にショーというわけではなく、ふだんは自らのスタジオで制作をしつつ、たまに行って一人で眺めているだけなので「(せっかく使ってるのに)もったいない」と言われますが、いいんです。昨年描いた絵をやっと今見ている感じ。
[PR]
# by arttrace | 2006-01-28 02:16 | ART TRACE

ちょっと休憩

d0058202_303026.jpg

[PR]
# by arttrace | 2006-01-26 03:01 | ART TRACE

OA14

レジデンス1年と11日目

毎日寒い日が続いています。寒波はモスクワだけでなく東ヨーロッパにも来ており、昨日はポーランドでこの寒波が原因の死者が150人でた、というニュースを見ました。一方、南極では日本の観測隊が100万年前の氷の採取に成功したとのことですが、正直、すき好んで氷を見る人の気が知れない、と思ってしまいました。ホームレスの人たちや野良猫なんかはこの寒さ、どう凌いでるんでしょうか。どうにか冬を越せるといいね。
きょうの0Aは、まぶだちのダッチガール、昨年ルームメイトだったWenda Kieskampちゃん、ペインターです。彼女の名字のKieskampは、「山の中腹で木を切る人」という意味なんだそうです。自然を愛する優しく真面目な子で、でも昔突然ペインティングをすると決めて腕に決意の入れ墨を入れるとか、嵐の中を散歩するのが好きとかいう激しい面も持った、いい子です。

14,Wenda Kieskamp



d0058202_2345591.jpg
d0058202_2355811.jpg

写真まっすぐじゃなくてごめんなさい。
[PR]
# by arttrace | 2006-01-25 02:37 | ART TRACE

OA13

レジデンス1年と6日目

今日は昨日紹介したNardaのプレゼンテーションです。彼女は緑色の部屋とピンク色の部屋の2部屋をつかってプレゼンテーションしました。壁には双方の部屋をつなぐ穴があけられています。

13, Narda Alvarado
d0058202_23321074.jpg
d0058202_23323116.jpg
d0058202_23325368.jpg


上、展示風景
中、部分、Nardaのドローイングがプリントされたプラスティック板。緑色の部屋にはドローイング(バッドアイデアバージョン)、ピンク色の部屋にはドローイング(グッドアイデアバージョン)を展示しています。
下、ビデオワーク、Tシャツを脱いでいくとプリントされたアイスクリームが溶けていく。1minループ
[PR]
# by arttrace | 2006-01-19 23:37 | ART TRACE