レジデンス1年と3ヶ月目

いま、Gal(2年目、イスラエル人)がイスラエルに2週間ほど里帰りしています。その間私はアムスに残された彼女の犬のLura(シュナウザーとアフガンハウンドのmix、後ろ姿がゴリラ似)を世話しています。朝1時間、夕方30分、就寝前に30分、と1日3回犬の散歩をします。
生涯猫派であろう私が早起きして犬の散歩するのはつらいんですが、Luraに引っ張られながら寝ぼけた頭でふと注目するのは、Luraの地面のマッピングの仕方についてです。何か私には見えなくてLuraには見える網の目をたどって歩を進めているあのかんじ。匂いによってマッピングをしているんでしょうが、その、私には公園の芝生だったり、コンクリートの道だったり、木の茂みの葉っぱだったりする違いが、Luraにはそんなことではない情報に沿ってルーラなりに歩いている。その情報がルーラ的に可視化されているところも想像するわけです。同じ犬の匂いは同じ色に見えていたりとか、強い匂いのところは強い色だったりとか。
そんな風にLuraにはみえて私には見えない、でも地面に近いところに確実にあるだろうレイヤーを想像したりします。
d0058202_2324423.jpg


私が想像したのはこんな感じ。
[PR]
by arttrace | 2006-04-13 23:15 | ART TRACE


<< はさみ Brokeback mount... >>