人気ブログランキング |

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

それは石で口をゆすぐ事という意味

2010年5月12日

たいしたことではない気もしますが。

私のルームメイト、GoEunに間違ったことを教えたままです。

ある日、GoEunが私の部屋に来て、私の本棚にある夏目漱石の本を見つけて、「これなーに?」ときいてきました。
そこにあったのは、夏目漱石の「我輩は猫である」「三四郎」「それから」「こころ」と、「明暗」でした。

GoEunはちょうど韓国語で「門」を読んでいるところだとおしえてくれました。漱石に興味があるんだと。

へーじゃあ水村美苗って作家しってる?彼女は漱石以降の「小説」を、漱石の遺作の続きを自ら書くことで始めた作家でね・・とかしゃべったあと、GoEunが

「漱石ってどういう意味?」というので、

私「知らないな。有名な漢文から取ったらしいんだけど・・漱石って言うのはペンネームなんだって。」

G「じゃあ漱石の本名はなんていうの?」

ときかれ、とっさに浮かんだのが「房之介」という、テレビで見たことのある漱石の孫で漫画コラムニストの名前でした。

私「えーと、フサノスケ、だったかな?」

G「フサノスケってどういう意味?」

私「"フサ"はー、・バナナとかブドウとかを数える時に使う単位でー」

G「あー私それ知ってる!韓国語で△×◎っていう!」

私「(あ、これで分かった?とちょっとビックリ) で、"ノスケ"はー、男の名前によくついてるもので特に意味はないと思う」

G「へー」


そのあとにすぐ「夏目金之助」だった!と思い出したけど、もうGoEunは部屋に戻って何か作業しているようだったし、なんとなく無駄話するタイミングもなく今日に至っています。

ゴールドだったね・・・ていうか、「漱石」の意味教えてあげたかったね。
でも水村美苗を教えたのでセーフ。
d0058202_011378.jpg

by arttrace | 2010-05-14 00:35 | ART TRACE | Comments(0)

from かたづけ to Welcome

2010年5月10日

今日は日本からお客さんが来るので、部屋の片付けをしています。

家のゲストルームには今GoEunが住んでいるので、余っている物置部屋を片付けて一人分の部屋にしています。
けっこう良い部屋にしようとがんばっています。

でもここで露呈した、私たち三人ののチームワークの悪さ。。GoEunと大心と私、なんていうか息が全く合わない。片付けがまるではかどらなくて笑えます。

どうなることかと思ったけど、最後には予想以上にステキな部屋となり、住人3名+来てた友達+猫、で遠く日本からのお客さんを喜ばせることができました。

あー、うれしい。。
d0058202_2339371.jpg

by arttrace | 2010-05-10 23:38 | ART TRACE | Comments(0)

こわれました

2010年5月9日

スタジオのプリンターがとうとうこわれました。

私がまだライクスにいた時にBrody Condorn(ブロディ・コンドーン)というアーティストがくれたもので、A3もプリントアウトできるプロ仕様で。
でもくれた時はインクが空でした。

当時このUS製プリンターの詰め替えインクをオランダで見つけるのはむずかしく、ネット上では結局見つからず、アムスだけでなくオランダ各地の家電/プリンター/インクショップをまわってやっと見つけた(でも結局アムスにあった)そのインクは70ユーロ(1万円ちょっと)もしやがった、というシロモノでした。

インクに70ユーロ出すぐらいならプリンター捨てようかとも思ったけど、折角見つけたので買いました。
タダより高いものはないな・・・と思いました。

このインク今ではその辺の文房具屋で20ユーロぐらいで手に入ります。

が、とうとうこわれました。

あー今までありがとう。A3プリントうまく使いこなせなかったんだけどさ。

これさ、処分するのも面倒そうだね・・・だからくれたのかな・・・


d0058202_2250505.jpg
でかい

by arttrace | 2010-05-09 23:09 | ART TRACE | Comments(0)

土佐日記

2010年4月30日

アムステルダムに戻ってきました。
フライトは平常運航でした。
心配していろいろメールをくれた友達、どうもありがとうね。
朋子は無事戻ってきました。

アムスへ戻る前々日に、数時間だけ街をぶらぶらしました。

特に行きたいところもなく、たまたま献血車が止まっていたので献血でもしようと思い入ったら、オランダに6ヶ月以上住んだ人は日本では献血できませんと断られてしまいました。
以前イギリスで狂牛病が発生したため、イギリスに近いオランダに住んだ人間の血液は日本に入れられないのだそうです。
あと、イギリスに1ヶ月以上住んだ人間の血液もアウトだとか。

献血しないまま粗品のボールペンだけもらって献血車を出ました。

ちょっとだけ本屋に寄り、いろいろ物色してみて、

「土佐日記」
「平家物語(1)」
「1Q84 book3」

を買って帰ってきました。
普通の日本語だとすぐ終わってしまうから、読むのに時間のかかる古文にしようと思い、「土佐日記」にしました。
「1Q84 book3」と「平家物語」は大心が読みたいと言っていたから。


土佐日記はまだ読み始めたばかりですが、まず船を出すのに待ってばかり。
そうそう、旅って待つことであり、暇なんだね~と思います。暇にシンパシーを感じる。
巻末に付いている地図を見るのも楽しいです。
d0058202_2333850.jpg

この日本で買ったフリスク、原産国オランダて。
どっかにあるのかーフリスク工場が。
by arttrace | 2010-05-01 04:25 | Comments(0)